【体験談】統合失調症の被害妄想が原因で仕事ができない?

名前・年齢・性別

愛子です。年齢は29歳女性です。

 

疾患名・診断名

診断名は、社交不安障害→持続性妄想性障害→統合失調症です。
(発達障害グレーゾーンで、発達障害傾向があります。)

 

発症のきっかけや、闘病当時の状態

発症したきっかけは大学時代の不眠、勉強に対するプレッシャー、悪口を言いふらされたことです。

 

また、挨拶をしない、常識がないと言われたことです。可愛くないって言われたこともあります。

 

じろじろ見られるようになってから人目が気になるようになりました。

 

発症当時、ひたすら寝ていました。疲れていたのです。

 

精神疾患・発達障害で困った経験

困ったことは、仕事になかなか就けないことでした。

 

どこに行っても仕事ができないです。外出できないこともありました。

 

でも、一番困ったのは恐怖心が強かったことかもしれません。

夜、帰るときは後ろを確認、防犯ブザーを持ちながら挙動不審な行動をしていました。

 

また、会社の後輩に恋をし、後輩からも好かれてると思ってました。心が繋がっていて私の思ったことは後輩に筒抜けだと思ってました。

会社中に悪口を言いふらされてると思ってました。億単位の赤字を出してしまったのに何も責められない、おかしい!と思ってました。

 

こんなふうに被害妄想満載なのです。自分のことを言われてるかもしれないと思うこともしばしばでした。だから、同じ場所に勤めるということが難しいのです。

短期であれば大丈夫ですが、職歴ばかりが多くなってしまいました。

 

克服したきっかけや、気をつけていること

私はまだ闘病中ですが、あまり人混みの多いところには行かないようにしています。

 

楽しそうなところには近づくことはあまりしないです。静かなカフェとかなら行けるので、少しでもお出かけするようにしています。その方が気晴らしになるので。

 

また、デイケアのスタッフさんにも相談しています。SST(ソーシャルスキルトレーニング)というプログラムにも参加しています。

できるだけ長く会社にいたいので、デイケアで3年いる予定です。まずはデイケアに長くいようと思います。焦らずゆっくりです。

 

闘病中の方へのメッセージ!

闘病中の方へメッセージです。

 

焦らないこと。全てはベストタイミングだったのです。

神様の采配です。あなたは何も悪くないです。

 

だから、もし、自分を責めてしまったりしていたら、あなたのせいではないです。もちろん、親のせいでもないし、誰のせいでもありません。世界は優しいです。

 

だから、怖がらずに他人に頼ってくださいね。他人に頼ることも大事だし、自分で考えることも大事です。

 

どうか、自分の人生他人任せにしないで自分の力で生きてみてください。失敗することもあるでしょう。その失敗を恐れないで挑戦してください。

 

【関連記事】発達障害の方々にオススメの記事3選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA