発達障害者の夫や妻に多く発症 「カサンドラ症候群」横浜で勉強会 ストレスで鬱や睡眠障害に

発達障害者の夫や妻に多く発症 「カサンドラ症候群」横浜で勉強会 ストレスで鬱や睡眠障害に

” 「奴隷のようでした」。白川綾子さん(47)=仮名=は、時に異常とも思える夫の要求に応え続け、結婚から7年目に鬱病を発症した。アスペルガー症候群など発達障害のある夫や妻との意思疎通がうまくいかず、長年のストレスから配偶者が心身の不調に陥る「カサンドラ症候群」を訴える人が増えている。横浜市で6月、カサンドラ症候群を訴える女性たちが、悩みを打ち明ける茶話会が開かれた。集まった7人の中には白川さんの姿もあった。 ” 
 
出典元:” 産経新聞 “

” 続きを読む “

 

サイダーちゃん
サイダーちゃん
” 発達障害を持っているご本人だけでなく、配偶者にも大きな影響があるということを知りました。確かに、他者とのコミュニケーションに難があるのなら、もっとも身近な配偶者が人知れず苦労されていることは明白でしょう。結果として心身の不調を抱え、それらに「カサンドラ症候群」と名前がついていることからも、少なくない事例なのだと感じました。社会が多様性を認知し、許容することが必要なのだと思います。 “
 

【関連記事】発達障害の方々にオススメの記事3選

 

発達障害者の夫や妻に多く発症 「カサンドラ症候群」横浜で勉強会 ストレスで鬱や睡眠障害に” に対して1件のコメントがあります。

  1. os より:

    今でこそ、アスペルガー症候群を含む自閉症スペクトラムが広く認知されるようになりましたが、カサンドラ症候群でここまで苦しんでいる人がいらっしゃることはまだまだ認知度が低いように思います。夫婦間の問題はプライベートな部分も多く、なかなか相談できないことも多いと思います。こういった茶話会だけでなく、様々な媒体で取り上げることで広く認知され、苦しんでいる方々が一人でも減ることを切に願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA