まだまだ少ない精神障害者の雇用…促進のために必要なことは? (ZUU online) – LINEアカウントメディア

まだまだ少ない精神障害者の雇用…促進のために必要なことは? (ZUU online) – LINEアカウントメディア

大切なのは普通の人間関係と同じ。「相手のことを知る」

内閣府の『令和元年版 障害者白書』によると、精神障害者の人数は419万人で、身体障害者の436万人よりも少ないとはいえ、それほど大きく違うわけではない。しかし、厚生労働省の「平成30年 障害者雇用状況の集計結果」によると、民間企業に雇用されている障害者は、身体障害者が34.6万人なのに対して、精神障害者はわずか6.7万人。精神障害者の雇用を義務化する改正障害者雇用促進法が2018年に施行された影響か、精神障害者の雇用者数の伸びは身体障害者や知的障害者よりも大きいものの、雇用者数自体は少ないのが現状だ。精神障害者を職場に迎え入れ、戦力として活躍してもらうためには、どうすればいいのか。全国で「就労継続支援A型事業所(以下、A型事業所)」の運営をはじめ、障害者の就労支援を行なうセルフ・エー〔株〕の代表取締役・大島公一氏に話を聞いた。

出典元:(ZUU online) – LINEアカウントメディア

続きを読む

 

サイダーちゃん
サイダーちゃん
障害者雇用で促進が進まないのは、戦力として扱いづらいという問題など、企業としての問題を多く抱えています。

この事業所だけではなく、発達障害や精神障害の雇用で成功している企業も現れ始めています。

精神障害や発達障害の特性を個性と見ることができるか、事業所や企業の見せ所でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です