偏食は、わがままじゃない 発達障害 感覚過敏や強いこだわり 特性を見定めて 安心できる関係を

偏食は、わがままじゃない 発達障害 感覚過敏や強いこだわり 特性を見定めて 安心できる関係を

” 自閉症スペクトラム障害(ASD)など発達障害のある子どもは、限られた食べ物やお菓子しか食べないという極端な偏食を抱えることがある。感覚過敏やこだわりの強さといった障害の特徴が要因であることが多いが、「単なる好き嫌い」「わがまま」と誤った見方をされることも。障害がある子どもの食の困難に、どう向き合ったらいいのか。一人一人の特性に合った給食を提供する発達支援施設や、食事内容を配慮することで入所者の食の幅を広げている施設もある。 ” 
 
出典元:” 西日本新聞 “

” 続きを読む “

 

サイダーちゃん
サイダーちゃん
” 発達障害の子供たちの食の難しさは、よく耳にする話題になっておりますが、学校現場ではまだまだ浸透していない様子です。息子の学校でも完食指導があり、苦しんでいる子供たちがいると聞きます。苦手なものは減らしてOKと言ってくださるのは、一部の先生だけで、食べられないのは我儘であると決めつける傾向にあります。先生方は忙しいと思いますが、このような記事を読んで、理解を深めてくださると有り難いですね。 “

偏食は、わがままじゃない 発達障害 感覚過敏や強いこだわり 特性を見定めて 安心できる関係を” に対して1件のコメントがあります。

  1. モカちゃん より:

    食に対する変色やわがままは誰にでもある事です。
    発達障害だからゆるされるという事もありません。
    それに、発達障害だから優しくするというのも違うと思います。
    発達障害を子供にもつ知人がいるのですが、他の誰かに迷惑をかけたらキチンと怒っていました。
    そうやって子供の為に怒る事も子供にとっては愛情なのではないかなって私は思うので、普通の子供と同じように接する事こそ子供への愛の証だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です