発達障害の女性が絵本出版 亡父へ贈るネコの物語「ぼく お父さん」(毎日新聞) – Y!ニュース

 発達障害がある島根県出雲市の周藤(すとう)優子さん(46)が、困難な時も支えてくれた亡き父に贈る自伝的絵本「ぼく お父さん」を制作した。

障害者アートに取り組むNPO法人で腕を磨き、その内容や温かい作風が出版社「フレーベル館」(東京)の目に留まって10月初旬の出版が決定。

対人コミュニケーションが苦手な周藤さんは「遅くなったけれど『ありがとう』を絵本にこめて父に伝えたい」と話す。

出典元:毎日新聞

サイダーちゃんの感想

芸術分野で活躍する発達障害当事者を最近見ることが多くなりました。
さまざまなジャンルで活躍するところを見ていると、私たちも頑張ろうと言う気持ちになります。
 

【関連記事】発達障害の方々にオススメの記事3選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA