発達障害を理解する

発達障害を理解する

ここでは、発達障害の概要について説明します。
発達障害とは
発達障害者支援法において、「発達障害」は「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害、その他これに類する脳機能障害であってその症状が通常低年齢において発現するもの」(発達障害者支援法における定義 第二条より)と定義されています。
これらのタイプのうちどれにあたるのか、障害の種類を明確に分けて診断することは大変難しいとされています。障害ごとの特徴(とくちょう)がそれぞれ少しずつ重なり合っている場合も多いからです。また、年齢や環境により目立つ症状がちがってくるので、診断された時期により、診断名が異なることもあります。
大事なことは、その人がどんなことができて、何が苦手なのか、どんな魅力があるのかといった「その人」に目を向けることです。そして、その人その人に合った支援があれば、だれもが自分らしく、生きていけるのです。

出典元:発達障害情報・支援センター(厚生労働省、国立障害者リハビリセンター)

続きを読む

 

サイダーちゃん
サイダーちゃん
遂にわかりました。と言うよりも、とても驚きました。

実は「発達障害」と言う言葉は、法律用語だったのです。厚生労働省の国立障害者リハビリセンターが管理している今回紹介した「発達障害情報・支援センター」のホームページで理解出来ました。

日本国が、「発達障害者支援法」と言う法律で、この言葉を定義し、何故こんな差別的な言葉を使っているのが、やっとハッキリしました。

やはり大きな組織がやることは、どうしても少数派の意見よりも、大多数向けの管理手法になってしまい、時としてそれが少数派の気持ちを踏みにじる逆効果になっているのではないか、支援と言うよりも差別助長効果になっているのではないかと思い、歴史上でも何度も繰り返されているように、大多数優先行為を盲目に機械的にこなしていく大組織の怖さを感じました。

人と違うだけなのに、障害はないでしょ。どんなけ冷酷な対応なのか、しかも法律で定義って、大丈夫でしょうか日本国。もっと真の人間らしい国に変わらなくちゃね。

(追記)最速で結果が出せる!Webで月収5万円を自動で稼げるやり方を特別に公開します。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑今スグ無料で受け取りたい方はクリック↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

僕は転職を9回し、1年で残業時間をゼロにし、
起業家・経営者1年目にして月収7桁を達成しました。

 
今は、Webビジネスを軸に、
自分の好きな場所で好きな人と好きな仕事をしています。


僕には才能があるわけではなく、
ADHD&ASD&LDを持っているし、
ただのクズでダメ人間です。


そんな僕でも、
「あること」をやった結果、
今があります。

・将来が不安なサラリーマン
・収入が安定しないフリーランス
・労働収入で消費している人
・半自動化~自動化で稼いでいきたい人
・自分の商品を持っていない人
・僕が日々どうやって稼いでいるか知りたい人
・お金と時間を手にし、愛する人と自由な人生を送りたい人


このような人は、ぜひ僕のメルマガを読んでください。


今だけ限定で、
『最速で結果が出せる!Webで月収5万円を自動で稼げるやり方』
を無料で受け取ることができます。


レポートに加えて、特別に限定動画をプレゼントします。


『最速で結果が出せる!Webで月収5万円を自動で稼げるやり方』をゲットするだけで、あなたもこちらの世界に来ることができます。


僕と同じような生活を送りたい人はぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA