定型発達(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

定型発達(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

“定型発達(ていけいはったつ、英: typical development, TD)とは発達障害でない人々(あるいはそのような状態)を意味する用語である。英語圏に於ける神経学的定型(neurologically typical, neurotypical, NT)に概ね対応する。後者は英語圏の自閉コミュニティ(英語版)において自閉スペクトラム上にない人々のラベルとして広く用いられている造語であり、その起源は自閉者のセルフ・アドボカシー団体であるAutism Network Internationalである。[1][2]自閉コミュニティにおける当初の使用法では、それは自閉でないか、または自閉に似た脳を持つ類縁者(cousin)ですらないような、全ての人々を指していた。[3]すなわち、自閉的な脳を持たない人々を指していたのである。例えば、自閉的な傾向性を持たないが学習障害である人々は、この用法では「定型」と呼ばれる。

当初の用法を表したオイラー図。灰色部分が定型を表す。学習障害(LD)の一部が定型に含まれる。
しかしながら、この用語は後に、厳密に定型的な神経系を有する、すなわち明らかな神経学的差異を持たない人々を指すものとして、狭められた。この新しい用法においては、先の例のような人々は「定型」と呼ばれない。

新しい用法を表したオイラー図。当初の用法よりも灰色の範囲が狭くなっており、学習障害は定型に含まれない。
換言すれば、これは自閉症、発達性協調運動障害、注意欠陥・多動性障害といった発達障害でない人々を指す。この用語は後にニューロ・ダイバーシティ運動と科学コミュニティの両方に採用された。”

出典元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

続きを読む

 

サイダーちゃん
サイダーちゃん
この記事に記載のとおりであると思った。つまり、定型発達(ていけいはったつ、英: typical development, TD)とは発達障害でない人々(あるいはそのような状態)を意味する用語である。これの反対の非定型発達、これこそが発達障害なのだと言う考え方に同意し、私の考えも結論に至った。発達障害ではなく、非定型発達なのである。

(追記)最速で結果が出せる!Webで月収5万円を自動で稼げるやり方を特別に公開します。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑今スグ無料で受け取りたい方はクリック↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

僕は転職を9回し、1年で残業時間をゼロにし、
起業家・経営者1年目にして月収7桁を達成しました。

 
今は、Webビジネスを軸に、
自分の好きな場所で好きな人と好きな仕事をしています。


僕には才能があるわけではなく、
ADHD&ASD&LDを持っているし、
ただのクズでダメ人間です。


そんな僕でも、
「あること」をやった結果、
今があります。

・将来が不安なサラリーマン
・収入が安定しないフリーランス
・労働収入で消費している人
・半自動化~自動化で稼いでいきたい人
・自分の商品を持っていない人
・僕が日々どうやって稼いでいるか知りたい人
・お金と時間を手にし、愛する人と自由な人生を送りたい人


このような人は、ぜひ僕のメルマガを読んでください。


今だけ限定で、
『最速で結果が出せる!Webで月収5万円を自動で稼げるやり方』
を無料で受け取ることができます。


レポートに加えて、特別に限定動画をプレゼントします。


『最速で結果が出せる!Webで月収5万円を自動で稼げるやり方』をゲットするだけで、あなたもこちらの世界に来ることができます。


僕と同じような生活を送りたい人はぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です