5人に1人の子どもが悩んでいる!発達障害と間違えやすいHSCとは?

5人に1人の子どもが悩んでいる! 発達障害と間違えやすいHSCとは?

” 他人の気持ちに敏感、騒がしいところが苦手、学校がつらそう……。こうした敏感さを持つ子どもたちをHSC(=ハイリー・センシティブ・チャイルド)といい、5人に1人があてはまると言われています。人の気持ちを思いやる優しさを持つ一方で、傷つきやすい一面も。周囲はどう接すればいいのでしょう?  ”

出典元:” AERA dot “

” 続きを読む “

 

サイダーちゃん
サイダーちゃん
” “ADHD、ASDといった発達障害はよく取り上げられることがあるので、障害として認知されつつあります。この記事で紹介されているHSCをお持ちのお子さんは、学校での出来事に敏感になって日常生活を送るのに困難さを感じてしまうようなことがあるようです。大きな音に強く反応したり、考え込みすぎてしまうということが症状として挙げられるのですが、「繊細な心を持っている」ということを活かせるような環境に身を置くようになることで、症状による困難さが緩和されるのではないでしょうか。
(このような症状を、大人の場合はHSPと呼ばれることがあります)” “
 

【関連記事】発達障害の方々にオススメの記事3選

 

5人に1人の子どもが悩んでいる!発達障害と間違えやすいHSCとは?” に対して1件のコメントがあります。

  1. DJANGO より:

    こういう子は自然に順応していくんじゃないかと思う。振り返れば自分もそうだった気がするが
    なんだかんだで社会生活は営んでいるし。

  2. うらうら より:

    HSCという言葉はこの記事で初めて知ったが、HSPについてはよく読んでいる。空気を読めないのではなくて「読みすぎる」。まわりの人のなにげない言葉に真剣に対応しようとして擦り切れてしまう。それは子どもの場合も一緒だろう。
    しかしそれが欠点かというとそうではなく、共感が深いなどの点はむしろ人間として長所である。優しい人たちなのだ。
    だから自分をあまりにも侵食するような刺激を避けるすべを学んで、良い点は伸ばしていけばいいと思う。

    『障害』『病気』が一概にすべて悪いかといえばそうではないのだ。ひとつのキャラクターとして自分らしく成長してゆけばいい。そういう人々が抱える生きづらさ、それを本人、家族、周囲の人、ひいては社会全体で受容して共に生きていける日本であってほしいと切に願う。

  3. ちと より:

    振り返るとHSCの特徴持つ方は身近にいました。しかし、何でそこまで敏感にならなくてはいけないのか理解できず、助けることはありませんでした。ADHDといった、発達障害はよく取り上げられることがあるので、理解して接しています。今後はHSCの特徴持つ方の気持ちに寄り添って、支えていきたいです。

  4. りんご より:

    私は小さい頃HSCでした。今は20代前半ですが、相変わらずHSCの特性を持ったまま生活をしています。HSCが嫌な時期もありました。しかし、今考えてみると洞察力があったり、周りのことに気を遣うことができるので、悪いことばかりではなく、ポジティブに考えることが出来ています。HSCのお子さんにも受けいることができ、このことに気づければ楽なのになあと思います。また、周りの大人も「そんなこと気にしなければいい」ではなく、「そう思うんだね、すごいね!」と言って褒めることが大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA