発達障害だったビル・ゲイツはなぜ世界一の大富豪になれのか|発達障害と呼ばないで

発達障害だったビル・ゲイツはなぜ世界一の大富豪になれのか|発達障害と呼ばないで

” ADHD、学習障害、アスペルガー症候群、自閉症……。近年、「発達障害」と診断される人が急増しています。一体、どうしてなのでしょうか? 精神科医・岡田尊司先生の『発達障害と呼ばないで』は、その意外な秘密に迫った一冊。発達障害は「生まれつきの脳機能の障害」という、これまでの常識がガラッと変わることでしょう。そんな本書から、一部を抜粋してお届けします。 ”

出典元:” エキサイトニュース “

” 続きを読む “

 

サイダーちゃん
サイダーちゃん
” “「発達障害」の方は字の通り、障害なのだと思ってしまっていたので、幼少期のメディアとの関わり方や周りの接し方で、変わるというのは少し驚きでした。今の時代に子を持つ親は皆メディアとの関わり方や周りとの接し方は悩むことがあると思います。私も子を持つ親として、今後もっと深く考えて我が子との時間を過ごしたいなと思いました。
” “
 

【関連記事】発達障害の方々にオススメの記事3選

 

発達障害だったビル・ゲイツはなぜ世界一の大富豪になれのか|発達障害と呼ばないで” に対して1件のコメントがあります。

  1. DJANGO より:

    発達障害か否かはあまり関係なく「全ての可能性を探る」のが大事ということ。

  2. Earth より:

    義務教育の教科書では、偉人がなぜ偉大なのか、ちゃんと説明されていなかったように思います。ADHDを持った偉人の、その特徴があったからこその才能をもっと紹介すれば良いのになと、この記事を見て思いました。そしてそれは発達障害全般の偏見をなくすことにもつながるのではないかなと思います。「障害が才能に変わる」誰かより欠けているんではなくてそれは個性で、伸ばし方によっては才能になる、と気付ける素敵な言葉だと思います。より多くの人がこのことに気付くことで、偏見を無くしていけると思います。

  3. ぽむぽむ より:

    発達障害といいますが、周りの理解とそれを支えようとする努力によって、
    本人も周辺にいる人々も救われるのだと思いました。
    ビル・ゲイツの場合は、熱中するものを否定されず、さらにそれに両親が
    乗っかって一緒にゲームに興じたり、コミュニケーションを多くとったりすることで、
    社会性も開かれて、結果として好きなことを突き詰めることが成功につながったといえるでしょう。

  4. 銀次郎 より:

    ビルゲイツの発達障害の話しはよく聞きますが、両親の話しは今回初めて知りました。脳を発達させるには、やはり体を動かすことが必要なのと、子どもの頃に人とたくさん接することが必要であることを改めて確認しました。そう考えると、最近e-sportsが世の中に認められつつありますが、これを助長する動きが逆にゲームの低年齢化を招き、社会性が欠如した子供が増えるのではないかと懸念します。

  5. さちこ より:

    ビル・ゲイツ氏の活躍の裏には、ご両親の大きな愛情に包まれていたという背景があるのですね。改めて子供との向き合い方を考えさせられました。我が子のどこをどう克服するべきか、どこをどう伸ばす手伝いができるのか、本当に真剣に考えるべき問題だと思います。今の時代、子供とメディアとの関わり合いは、本当に難しいですね。親としても日々勉強ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA