『暗闇でも走る 発達障害・うつ・ひきこもりだった僕が不登校・中退者の進学塾をつくった理由』安田祐輔-発達障害の方におすすめな自己啓発・メンタルヘルス本-

 

ここでは、ADHDやASD、LDなどの発達障害だけでなく、精神障害・うつ病などの二次障害の方々にもおすすめな自己啓発本・メンタルヘルス本をご紹介していきます。

当事者の方々にアンケートを取り、その中でも特に人気が高かった本を掲載しております。

また、実際の当事者の方々の本紹介レビューもあわせてご覧ください!

 

『暗闇でも走る 発達障害・うつ・ひきこもりだった僕が不登校・中退者の進学塾をつくった理由』安田祐輔

まず、著者自身が発達障害・ひきこもり・家庭崩壊等の数々の人生において生まれ持った劣悪な環境を抱えてきた。それをどのように乗り越えていくのかという内容です。

ページを進めていくことで自分が幸せになるために努力していく、あきらめない、やり直せると活動してきた事が伝わってきます。

おそらくそういった生まれ持って持っている同じ環境の方々に絶望しない考え方を伝えようとしているのを強く感じます。

一番私が印象に残ったのは、人生をやり直すための方法は2つあり、1つ目は『こうであるべきだ』というバイアスを取り除くこと、そして2つ目は『自分で変えられるもの』それだけに注目することだというところです。

いきなり大きな事をやろうとかではなく自分が努力して影響しうる範囲を変えていくことが大事だと感じました。

もりうみ・43歳・男性

 

 

【関連記事】発達障害の方々にオススメの記事3選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA