発達障害でASDの34歳男性が、就職した刑事施設から転職するまで

年齢・性別・症状

34歳 男性 アスペルガー症候群、発達障害による指示忘れ、ミスの多発、物の置き忘れ。

 

 

どんなお仕事をしてきましたか

刑事施設内で生産工場での生産管理、作業者の指導をメインに実施してきました。6年間続きました。

 

 

良かった・向いていると思った作業やエピソードを教えてください。

向いていると思ったエピソードにつきましては、多くの監獄の職員の方々がミスが怖くて先頭を切ってできない高度な内容でも意味が分からずできた部分で最初だけは評価が高く、結局できなくて、指導されて叱責、罵声を浴びせられると言う形でありました。また、本人は嘘をついていないつもりでも、正確に報告しなかった!と言う形でキツイ制裁を加えられる場面も往々にしてありました。

 

 

向いていないと思った作業やエピソードを教えてください。

 

やはり、物の置き忘れが多発したことであります。刑事施設では物の置き忘れが致命傷で、報告書から更にボーナスが減額される、顛末書まで書かされる事態に発展します。その時に、向いていないと強く思いました。何回も何回も失敗することで自信を失い、また、叱責の口調も日々強くなるような形でありました。

 

また頭ごなしに怒られることも非常に多く、忘れた上にまた忘れたと言うのを繰り返してしまうこともよくありました。一番情けなかったシーンとしましては、工場に手提げかばんを忘れる形になったのですが、その手提げかばんを取りに行ってる途中に別の忘れ物をしてしまい二重で忘れ物をしてしまったことが一番最悪なパターンでありました。

 

しかもその二重で忘れ物をしてしまった内容につきまして、別の職員や作業者に発見されてしまう形となりまして、結局自分自身で発見することができませんでしたので報告書を二つ書くような形になり、顛末書も二枚書かされるような形になってしまいました。非常に情けない出来事でありました。

 

 

仕事はどうやって探しましたか

私は、転職サイトを使用せずに直接企業のHPを見て応募しました。

 

 

転職の際、発達障害であることを書いたり伝えたりしましたか、また伝えたことで何か影響はありましたか

書いても伝えてもいない 常に黙っていたのですが、勤務先であまりにもミスが多くて忘れてしまうことが非常に多いと言うことで叱責を受けているうちに上司の一人が「診断を受けてこい」と言い始めたので、診断を受けてしまっては更にカードを握られる形になると思いましたので、転職する方向へ動く形になりました。

 

 

現在は、順調に働けていますか?働けているなら秘訣は何ですか?

現在は単純な仕事であるが故に、コミュニケーションを図らないで良い仕事でありますので、順調に働けております。やはり私の発達障害の場合は、人と関わると人に不快な思いをさせてしまうケースが多いみたいですので、一人仕事で尚且つ単純な作業の繰り返しであると通用することが分かりました。

 

 

 

【関連記事】発達障害の方々にオススメの記事3選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA