発達障害の人は企業で「貴重な戦力」になる

発達障害の人は企業で「貴重な戦力」になる

パソコンの映像画面を真剣な眼差しで集中して眺めては、シートに何やら書き込んでいく男性社員。彼は、ドライブレコーダーのデータを解析しているのだという。

「ドライブレコーダーの画面を見ながら、交差点などで人や車が出てきたり、車が停止しなければならい場所で急ブレーキをかけたりなど、事故につながりそうな場所をピックアップしていきます。

ご契約いただいているお客様によって運転の特徴などがあり、指摘する箇所はそれぞれ違いますから。パソコンも好きですし、自動車が好きということもあり、この仕事には満足しています。それと日本全国それぞれの地域を見ていられるっていうのはいいですね。いろいろな地名や地域を見ていられるというのが好きなんです」

そう語るのは、東京海上グループの特例子会社「東京海上ビジネスサポート」のオフィス・サービス部の新堀隼さん(41歳)である。見た目だけでは発達障害者ということはわからないが、発達障害の中の学習障害だという。

出典元:東洋経済ONLINE

続きを読む

 

サイダーちゃん
サイダーちゃん
「障害がある」と認定されると、「障害」という言葉がフィルターになってしまい、本来持っている他者より優れた能力が外部から見えにくくなり、その優れた能力が社会で活かされにくくなるということは、とても残念なことだと思います。障害のあるなしに関わらず、誰もがその適性を早くから認識し、社会で活躍できるようになればよいと思います。
 

【関連記事】発達障害の方々にオススメの記事3選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA