恋愛に自信が持てない?発達障害傾向のある男性の生きづらさとは

恋愛に自信が持てない?発達障害傾向のある男性の生きづらさとは

” 私は女性です。可愛いものや美しいものが好きで、恋愛対象は男性。ちょこっとサブカル趣味はあるけれど、絵に描いたようなノーマルな女性です。 ”

出典元:” キクエスト “

” 続きを読む “

 

サイダーちゃん
サイダーちゃん
” “「男の子は男の子らしく(このサイトでは、競争社会がキーワードです)」「女の子は女の子らしく」といった「社会から求められるジェンダー像」は、「現代では、人間はこのように成長し発達すべきである」という現代の発達課題のひとつを表しているものだと思います。恋愛もしかりで、「恋愛して結婚して家庭を持つ」ということは、現代の発達課題の一つとして考えることが出来るでしょう。発達障害のひとつの考え方として「発達課題への達成が遅れ気味」という考えが成り立つなら、通常に発達してきた方が乗り越えていくであろう「恋愛、結婚」というハードルも、遅れ気味に乗り越えていくようなことになってしまうのではないでしょうか。
「出来ないことは仕方ないじゃん」という考えることが出来ないのは、心理的に「割り切っていこう」と考えることが出来ないということになってくるので、恋愛云々以外の日常を考えても、「割り切ったら解決できる」という問題に対する対応が困難になってしまうでしょう。” “
 

【関連記事】発達障害の方々にオススメの記事3選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA