27歳、発達障害で性依存に陥った彼女の真実 – 東洋経済ONLINE

27歳、発達障害で性依存に陥った彼女の真実 – 東洋経済ONLINE

” 独自のルールを持っていたりコミュニケーションに問題があったりするASD(自閉スペクトラム症/旧・アスペルガー症候群)、落ち着きがなかったり不注意の多いADHD(注意欠如・多動性障害)、知的な遅れがないのに読み書きや計算が困難なLD(学習障害)、これらを発達障害と呼ぶ。 ” 
 
出典元:” 東洋経済ONLINE “

” 続きを読む “

 

サイダーちゃん
サイダーちゃん
” 発達障害と性依存との関連性についての認識はありませんでしたが、心の安定を得るために何かに頼ってしまうことは誰にでもあることだと思います。誰もが何かしらの生きづらさを抱えていることであろう今、お互いの存在を否定することなく、みんなが心穏やかに過ごせる世の中になることを切に願います。 “
 

【関連記事】発達障害の方々にオススメの記事3選

 

27歳、発達障害で性依存に陥った彼女の真実 – 東洋経済ONLINE” に対して1件のコメントがあります。

  1. makimaki より:

    もともとの発達障害が原因で性依存に陥ってしまった過程が分かりました。彼女は自分の居場所をうまく見つけられず、変わり者扱いを受けたりして長年辛かっただろうなと思います。まだ依存状態から抜け切れていないとのことですが、自分の障害と向き合えるようになった今は、もっと自分を大切にできるようになって欲しいと思います。

  2. さやか より:

    まず長生きをしたいと思っていない。だからその時その時のいっときの安らぎがとても大事だと思うのです。する時はパートナーの中で自分が1番大事な存在だと感じられるから。他人と性的な話を深くする事はないから一般的に異常なのかどうかも認識出来ない。喋り辛いがこだわったルールがあったり、人と話が合わないと感じる人ほど匿名の場でさらけ出したりするのも必要だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA