発達障害者支援法と障害者自立支援法を考える

発達障害者支援法と障害者自立支援法を考える

“発達障害者支援法と障害者自立支援法が施行されたことについて考えてみたいと思います。 発達障害者の支援の前提として重要なことは、
人の発達には個人差があるということ、障害の内容やその程度や状態は多様であることを理解することだと思います。
 障害者の自立支援の前提として重要なことは、人の「自立」をどのように考えるかということだと思います。 ”

出典元:日本の「教育と福祉」を考える

続きを読む

 

サイダーちゃん
サイダーちゃん
“自閉症やアスペルガー等の発達障害に関しては、「発達障害者支援法」と言う法律が適用される可能性が有ります。この「発達障害者支援法」の意義は、法律として「発達障害」を定義づけ、国民的理解を促し、その早期発見による教育的・福祉的支援に関する国及び地方自治体及び国民の責務を示したことであることが、本記事を通して、理解出来ました。又、よく似た法律として、障害者自立支援法を始めとした各種障害者関連の法律がありますが、それらの法律で埋めきれなかった隙間を、この「発達障害支援法」で埋めているのだという事も良く理解出来ました。この法律の施行状況について検討を加え、その結果に基づいて必要な見直しを行なうとの文言があり、まだまだ試行錯誤な法律で、この法律が上手く機能させられるかが今後の課題になります。
 ”
 

【関連記事】発達障害の方々にオススメの記事3選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA