『言葉の温度』/馬場典子-発達障害の方におすすめな自己啓発・メンタルヘルス本-

 

ここでは、ADHDやASD、LDなどの発達障害だけでなく、精神障害・うつ病などの二次障害の方々にもおすすめな自己啓発本・メンタルヘルス本をご紹介していきます。

当事者の方々にアンケートを取り、その中でも特に人気が高かった本を掲載しております。

また、実際の当事者の方々の本紹介レビューもあわせてご覧ください!

 

『言葉の温度』/馬場典子

「言葉の温度とは…コミュニケーションの”総合力”なのです」といって、コミュニケーションを円滑に楽しくするノウハウをアナウンサーの視点から提案しています。

具体的には・体の使い方・話す技術・言葉の選び方・心の持ちよう・話の聞き方・引き出し方と、言葉や話すことを多角的に解説しています。

また、それを語る言葉は「言いたいこと、言えること、言うべきこと」が明確で「テーマはすっきり」「メッセージははっきり」していて非常にわかりやすいのです。

まず、言葉や話すことに対してこんなに細分化できるということが驚きで、新鮮でした。

くわえて、どれも納得して理解ができたので、すぐに試してみたくなりました。

著者が今まで学び、感じ、身につけたものを惜しげもなく披露されていて、これで1430円とはコストパフォーマンスがよすぎる1冊です。

みづき・38歳・女性

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です