『子どもの発達障害と支援のしかたがわかる本』西永堅-発達障害の方におすすめな自己啓発・メンタルヘルス本-

 

ここでは、ADHDやASD、LDなどの発達障害だけでなく、精神障害・うつ病などの二次障害の方々にもおすすめな自己啓発本・メンタルヘルス本をご紹介していきます。

当事者の方々にアンケートを取り、その中でも特に人気が高かった本を掲載しております。

また、実際の当事者の方々の本紹介レビューもあわせてご覧ください!

 

『子どもの発達障害と支援のしかたがわかる本』西永堅

この本では、自閉スペクトラム症、注意欠如多動症、学習障害、知的障害の特徴がつかめ、それぞれの特性にあった支援の仕方が書かれている本です。

最初にそれぞれの障害の特性が詳しく書かれており、困難なことや、学習面においての支援の仕方がわかりやすく書かれています。なので素人がみても理解の出来る内容となっています。

この本を読んで、子どもの頃に早く発達障害に気づき一人ひとりに合った支援をすることで、社会に出てから生活しやすくなるのではないかと思いました。

また、特性を本人だけではなく周りの大人が理解し、受け入れることがより困難無く過ごせると思います。

この本では子どもの発達障害だけでなく、大人の発達障害についても書かれているので一から学ぶには良い本です。

rnk812

 

 

【関連記事】発達障害の方々にオススメの記事3選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA