ライティングって稼げないの?どんな人が向いてるの?

 

 

ライティング(Webライティング)とは、読みやすい記事とさらに検索で上位をとるように考えられた文章を書く技術のことです。

 

PCさえあれば簡単に始められるライティングですが、向き不向きもあり実際稼げるのかどうかにスポットをあてて紹介します。

 

ライティングって稼げないの?

 

ライティングは、稼げないという意見もありますが全く違います。

ライティングは、クラウドソーシングサービスで初心者向けからプロ向けまで様々な案件がたくさんあり、自分のスキルに合わせておこなっていくことが出来ます。

 

 

初心者からでも安価な案件からスタートし、記事を書き続けてスキルを上げていけば、高い案件の仕事が出来るようになり年収300万円以上の方もいます。

 

 

ライティングってどんなサービス?

 

 

ライティングは主にブログサイトの記事を書いていく作業をします。

記事の種類は、商品説明、コラム、メルマガ、コメント、コピーなど色々あります。

 

集客力の高いサイトや複数のサイトを運営している所では、たくさんのWebライターが記事を書いており、会社によっては専属契約を結ぶ所もあります。

 

また、時間のすき間でも出来る短い文の案件もたくさんあり、こちらは気軽に取り組むことが出来ます。

 

ライティングに向いている人の特徴

 

・細かいミスにも気づくことができる

・決めたことを守る意思の強さがある

・効率よくポイントをおさえることができる

・幅広いことに興味をもてる

・観察力にすぐれている

 

 

ライティングでは、脱字・誤字のミスを防ぐことは大切なことですし納期を守ることも大切です。

クライアントからは様々な案件が用意されており、自分に興味の無い記事でも自分で調べて書いていくことが、継続していくには大事な要素になります。

 

幅広いことに興味をもてる人には適していますし、新たなことを知るきっかけになり勉強にもなります。

 

ネットにはたくさんの記事があり、約3秒で記事を読むか読まないか判断すると言われており、ポイントをおさえまとめる能力も必要になっていきます。

 

 

ライティングに向いていない人の特徴

 

・情報を整理整頓して適切なものを選ぶことが苦手

・物事に優先順位がつけられず迷ってしまう

・締め切り間際に急いで仕事を終わらせることが多い

・努力して継続しようとするものの途中でモチベーションが低下してしまう

・じっくりと腰を据えて機が熟すのを待つのが苦手

 

ライティングは、ただ単に書くだけではなくネットや本などから調べたり、文章の構成も考えたりしなければなりません。

 

在宅ワークでライティングをすると、自分の都合の良い時間に働けるのが魅力ですが、後回しにして残り時間が無く慌てて始めてしまうと内容が薄くなりがちになり、自分もクライアントもがっかりしてしまいます。

 

慣れている人だと1時間で作成できるものでも、最初のうちは4~5時間かかってしまうことも多々あり、自分のスキルを上げていくためには辛抱強く最後まで取り組んでいくことが大切です。

 

ライティングまとめ

 

ライティングで稼ぐには、最初のうちは安い案件の記事をコツコツと書いてスキルを上げていく必要があります。

 

あまり時間のかからない短い文章の案件を作成してみて、自分に合うかどうか試してみるのも良いか知れません。

 

 

私どもの運営法人でもライターを募集しています。
他社より納期に緩めで、比較的初心者向けの案件も多いので、ご興味のある方は下記よりご応募ください。

今すぐ簡単ライター登録はこちら

ライティングって稼げないの?どんな人が向いてるの?” に対して1件のコメントがあります。

  1. DJANGO より:

    あまり難しく考えずとにかく「好きな事柄に関して簡単な文章を書き続けていく」という事を心がけて地道に
    取り組んでいくのが一番ですかね。
    そういう作業にすこしづつでも慣れていけば、最初のうちは戸惑ったとしても徐々に慣れていって
    それなりにある程度の長文もこなしていけると思いますが。
    やはり「慣れ」ていくしかないのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です