ASD(自閉症スペクトラム障害)・かのーね・40代・女性

①名前・年齢(年代)・性別

かのーね・40代・女性

②発達障害の種類・診断名

ASD(自閉症スペクトラム障害)

③発達障害に気付いたきっかけ

大学(音楽大学)の教職課程の時に授業の一環で診断アンケートがあり、診断されました。一番軽い状態ならしいですが、それまで「自分の気持ちを伝えるのが苦手」という自覚があったので、診断を受けて良かったです。そのときの先生にも「病院に行くほどではないけど、不都合があったら相談してね」と言われました。ショックだったのは、憧れの先輩(編入試験で学3編入をしたので同じ授業をとっていた)ももう少し重度の自閉だったことです。少し浮いた存在でしたが、優しくて愛されていた先輩でしたが、本人は辛かったかも知れません。

④発達障害で困った経験・悩み

自分の気持ちを伝えるのが苦手です。けれど、恋愛をすると同じような発達障害でアスペルガーの人に惹かれます。個性の一つで済む程度なのですが、不思議と発達障害の人と暮らします。自分の嫌なことにも鈍感なので、喜んで貰えるならと貢ぎやすい。悩みです。最初好きな人と暮らしていた時に、声をかけると「水を飲んでいたり、食事をしていると」即むせてしまう人でした。何か飲んでいると「ちょっと待って」というそぶりをされて?と思っていました。ネットで調べるとアスペルガーの症状そのままでした。悪い人ではありませんでしたが、自閉とアスペルガーが付き合うと大変で、「凄く優等生だったんだ。短大とか大学に推薦して貰えた。」と言い始めそのまま信じていたら、実は底辺の県立高出身だったり、凄く私を馬鹿にした部分があるけど、それは病気なのか性質なのか分からず。でも7年暮らしてお金の面倒も全部見ていました。「一生面倒見てくれ」に同意できませんでした。いまでは別れて良かったと思っています。時々「貯金すれば今頃マンションが買えたのでは?」と思いますが、持っているお金は全部使う人でお父さんからもお小遣いを貰っていました。突然生協に加入したり(5000円は私が払った)健康オタクでした。これはアスペルガーのせいかは分かりません。ずっとデブかのーねと呼ばれていました。本人いわく「愛情表現が歪んでるんだ」と言ってましたが、これも障害のせいかわかりません。とにかく大変だったことは確かです。とらえ方が独特で、「家でゲームでもしてたら?」と言えば24時間ゲームをしていました。誰もずっとやれなんて言ってないのに。カップラーメンを食べる生活をしながら寝ないでゲームをしていて、私がそっと仕事に行く生活でした。お風呂に入るときはすべて着替えないと気が済まない人だったので、常に洗濯をしなければならず、セーターも一度袖を通すと洗います。だから凄い水道代で洗濯機は回しっぱなしでした。大変な者同士が惹かれあうと大変なのです。部屋が汚いと騒ぐけど、自分では絶対掃除せずトイレの汚れを「これを見てごらん」と指すだけで、友人へのお土産は何度私が購入しても「俺から」でした。相手との一体感が強いのかな?と思います。でも逆をやると「手柄を取りやがって」と言い出すのでどういう構造なのかは分かりません。人に話すと「どこが良かったの?」と聞かれます。発達障害と発達障害が惹かれるのは何故なのかその辺は知りたいと思います。

⑤発達障害の悩み・生活上の支障への対策や改善策

片づけられないです。これは自閉とは関係ないかも知れませんが、目に病気を何種類か持ってるので、見えないのが原因かも知れません。でも自分では困りません。既婚なのですが、旦那さんが何でもしまうタイプなので、旦那さんが帰ってくるまで何もできない日があります。お化粧品や食糧が車庫にしまわれて、困ったこともあります。

⑥発達障害の方へのメッセージ

個性だと思って、人は人だと思って、「普通ってなに?」と思って笑顔で過ごしてほしいです。自分を大切に愛されてることを忘れないで欲しいです。今は個の時代なので、大概のことは何とかなります。人目を気にし過ぎず、のびのびと生きていってほしいです。

     

【関連記事】就職せずに「個人の力」で稼ぐ方法とは!?

         

ADHD・ASDがオープン・クローズ就労するメリットとデメリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA