発達障害「大人が何をすべきか考えて」浜松で講演 浜松で講演 (2019/8/26 08:26)

発達障害「大人が何をすべきか考えて」浜松で講演 浜松で講演 (2019/8/26 08:26)

”  浜松市内の子ども支援団体のネットワーク「浜松子ども支援NET」(内山敏代表)は25日、設立記念講演会「誤解されてきた発達障害」(静岡新聞社・静岡放送後援)を中区のアクトシティ浜松で開いた。専門家や当事者が登壇し、市民ら約220人が発達障害について理解を深めた。 ” 
 
出典元:” 静岡新聞 NEWS “

” 続きを読む “

 

サイダーちゃん
サイダーちゃん
” 「友だちのつくり方」「周囲の空気を読む方法」といった社会性は学校で特にに教わる機会がないと思われます。生活しているうちに自然に学んで身についていくとみなされているからです。しかし、発達障害者にとってはこれらは難しい課題だというこということがわかります。 “
 

【関連記事】発達障害の方々にオススメの記事3選

 

発達障害「大人が何をすべきか考えて」浜松で講演 浜松で講演 (2019/8/26 08:26)” に対して1件のコメントがあります。

  1. makimaki より:

    学校って、子供がいきなり集団の中に放り込まれて生活しなきゃならないから、ちょっとでも発達障害の傾向がある子は大変だと思います。授業でもしょっ中グループを作ったり、共同作業の連続ですから。勉強ができても空気が読めないと学校生活は一気に苦しくなります。そういった子が不自由なく学校生活を送るためには、コミュニケーションの面で子供をサポートする大人が必要になってくると思います。

  2. あう より:

    コミュニケーション講座みたいなのがあればよい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA