ADHDの恋愛・結婚|ADHD特性ならではの魅力と恋愛での困りごと、その解決方法をご紹介!

ADHDの恋愛・結婚|ADHD特性ならではの魅力と恋愛での困りごと、その解決方法をご紹介!

” ADHD(注意欠陥・多動性障害)は、不注意(集中力がない)・多動性(じっとしていられない)・衝動性(考えずに行動してしまう)の3つの症状が見られる発達障害のことです。この3つの症状はどのADHDの人にも均等に表れるのではなく、個人差によるところが大きいと言えます。ADHDと一言でいっても不注意優勢型、多動性-衝動性優勢型、すべて表れる混合型などさまざまなタイプがあります。そのため、感じる悩みや困りごととその程度は一人ひとり異なります。 ” 
 
出典元:” ウーマンエキサイト “

” 続きを読む “

 

サイダーちゃん
サイダーちゃん
” 私がお付き合いしている彼も軽度のADHDです。この記事にありますように、時間を守れない、物事の段取りを上手くできない、忘れ物が多い、ストレートな感情をオブラートに包まずきつい言葉で言ってしまうなど、日常的にADHDの特徴を感じられます。それによる喧嘩や別れ話も多いです。ですが、私はそんな彼に支えてもらってます。私自身も目に見えない所謂精神疾患のパニック障害ですが、精神疾患には外から見てわからない分、実際になった人にしかなかなか理解し難い辛さがあります。彼もADHDという精神疾患であるということは、お互いが理解をしやすいというメリットがあります。彼は私の両親より私の事を理解してくれており、私も彼のADHDの特性を理解できるよう努力し、お互い補い合い、支え合いながらお付き合いを続けて2年になります。恐らく精神疾患になったことのない人達はADHDの恋人というのはなかなか想像できないかもしれませんが、特性も人それぞれで、悪いとこもあれば良いとこもあります。普通の人でもそうですよね?私はADHDの彼を普通の人と同じように思い、接しています。できないことを私が手助けしたいと思っています。綺麗事に思えるかもしれませんが、このようにADHDだからといって避けず、普通の人と同じように向き合って恋愛をしてくれる人が増えればいいなと願っています。 “
 

【関連記事】発達障害の方々にオススメの記事3選

 

ADHDの恋愛・結婚|ADHD特性ならではの魅力と恋愛での困りごと、その解決方法をご紹介!” に対して1件のコメントがあります。

  1. makimaki より:

    発達障害でも幸せな恋愛や結婚はできると思います。ただ、自分の障害を認めたくない、向き合いたくない気持ちがあると難しくなってしまうんじゃないでしょうか。自分の特徴を理解して、それで人に迷惑がかかる部分は少しでも回避できるよう努力する、そして相手や家族と腹を割って解決方法を話し合うといった努力をすることで、よりよい関係が築ける気がします。

  2. 秋風 より:

    今は医学が発達し、ADHDと言う詳しい障害が明らかになりましたが、何年前、何十年も前は、このような障害があることすら分からず、こういう人、として接してきました。周りの人は、苦労したかも知れませんし、全く苦労などしなく、性格とし、理解して接してきたのだと思います。重さは違っても、悩みのない人間などいないと思うので、あまり、障害だからこれはダメで、これは良くてと決めない方がいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA