『「親力」365日!』親野智可等-発達障害の方におすすめな自己啓発・メンタルヘルス本-

ここでは、ADHDやASD、LDなどの発達障害だけでなく、精神障害・うつ病などの二次障害の方々にもおすすめな自己啓発本・メンタルヘルス本をご紹介していきます。

当事者の方々にアンケートを取り、その中でも特に人気が高かった本を掲載しております。

また、実際の当事者の方々の本紹介レビューもあわせてご覧ください!

 

『「親力」365日!』親野智可等

学校教師を経て教育評論家として活躍する、親野智可等氏の著書です。

副題が「<伸びる子>の土台をつくる毎日の習慣」であることから、一般には育児書にカテゴライズされるかもしれませんが、内容的にはれっきとした自己啓発書といえるでしょう。

なぜなら本書は、「子どもにどういう考え方や行動をさせるか」ではなく、「子どもと向き合う親がどういう考え方や態度や行動をとるべきか」を説く本だからです。

内容は子どもの鉛筆の持ち方、好き嫌い、学校でのトラブル、食事中のテレビ視聴など具体的項目に分かれています。どの項目についてのアドバイスも、親である自分の体験や思いこみや偏見を見つめ直すきっかけになります。育児だけでなく職場にも活かせる教訓がたくさんあります。

(acupoftea・50代・女性)

 

【関連記事】発達障害の方々にオススメの記事3選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA